アフリカへの支援を議論する国際会議、第7回TICADが横浜で開催決定

アフリカへの支援を議論する国際会議、第7回TICADが横浜で開催決定

TICADはアフリカ諸国との交流を深め、援助と投資を促進する目的を持って日本主導で1993年に始まりました。

前回の2016年8月に開催されたTICAD6はアフリカ初となり、ケニアの首都ナイロビで行われました。アフリカ53か国から首脳陣や経済閣僚、国際機関の代表に加えて、ビジネスセクターやNGO等の代表を含め、11,000名以上が参加しました。更に、77団体の企業や大学などの代表が安倍首相に同行して、参加しました。
TICAD6では300億ドル(約3兆円)規模の投資を実施していくナイロビ宣言を表明し、現在、日本政府はアフリカで日本の技術を活用した「インフラ」整備を推進し、様々な投資・支援を行っています。
具体的なTICAD7の開催時期については今年の8月24日及び25日にモザンビークにおいて、アフリカ各国と調整を行う予定となりました。

詳細はまだ未定ですが、今後の日本とアフリカの交流が更に深まることが期待されます。

関連記事

ページ上部へ戻る