アフリカビジネスが築く明るい未来

アフリカビジネスが築く明るい未来

TICADのイベント会場を訪れただけでは、自社の製品をどこでどのように売り込んでいけば良いのか見えて来ないかもしれません。そこで、今回はアフリカの中でも急成長を遂げている国、ルワンダに注目してみました。
20年ほど前、ルワンダは激しい内戦で総人口の1/7が命を失いました。しかし今では農業やITで劇的な変化を遂げ、昔の荒れた街並みとは裏腹に整備された道や交通機関、ビルや住宅等が見られるようになりました。

 

 

なぜそこまで成長できたのでしょう?
そこに日本が率いる国際支援、日本企業や日本の地方自治体等のサポートの産物であると言っても過言ではありません。
現在日本は少子化が進みや経済が落ち込む中、ルワンダでは真逆で成長期を迎えているのです。先進国だからこそ新しいアイディアや製品の参入が難しい日本に比べてルワンダには大きなビジネスオポチュニティーが存在します。ルワンダだけではなく他のアフリカの国も同じように成長を遂げていると考えるとアフリカの進出余地の高さがお分かりになるかと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る