LIXIL、南アフリカにて本格事業展開

LIXIL、南アフリカにて本格事業展開

 
株式会社 LIXIL グループは、南アフリカの住宅設備会社、Grohe Dawn Watertech Holdings Propriety Limited(グローエ・ドーン・ウォーターテック、以下GDWT)を完全子会社化した。
 
GDWTは、新たに「LIXIL Africa」というブランドとして展開する予定だ。
  
アフリカの水栓金具などの水回り市場は成長が見込まれていることから、完全子会社化によってガバナンスを強め、南アフリカを拠点にアフリカにおけるブランディング・マーケティングを強化していく狙いと見られる。
また、GDWTの足下売上が縮小していることから、同社の経営に本格的にてこ入れする狙いもあると見て取れる(GDWTの16年3月期の売上高:119億円→17年3月期:98億円)。
 
なお、同社はこれまでに、アフリカの衛生状況改善に貢献する、プラスチック製の簡易トイレ「SaTo」などを展開させている。
用を足したのち、少量の水で流せば、自重で下に落ちて、そして蓋がしまるため、臭いがもれず、蠅も発生せず、しかも価格は5ドル以下。
 
同社は、南アフリカを足がかりに、ケニアなどサハラ砂漠以南のアフリカ地域における成長市場において事業拡大を目指す戦略を掲げている。
 
アフリカにおいて、LIXILブランドの製品は一般的なものとして普及していくのか。
アフリカ進出に果敢に挑戦する同社の今後から、目が離せない。

関連記事

ページ上部へ戻る