三菱商事、アフリカ12カ国でオフグリッド分散電源事業を手がける英国BBOXXへの出資を発表

三菱商事は、アフリカ12カ国の未電化地域で分散型電源による電力供給を手掛ける英国BBOXX(ビーボックス)に出資し、同社の筆頭株主となることを発表した。

 

出資額は公開されていないが数十億円規模に上る。サハラ砂漠以南を中心とした未電化地域で分散型電源による電力供給のニーズが高いとみている。

 

ビーボックス2010年に創業、太陽光発電、蓄電池、家電を組合せた分散電源をアフリカの未電化地域に供給している。同社は今後、電力だけではなく水、ガス、保険や金融といった生活インフラから消費者向けのサービスを提供していく予定。

 

 

出典:三菱商事ウェブサイト

https://www.mitsubishicorp.com/jp/ja/pr/archive/2019/html/0000038207.html