ナイジェリアのBtoB決済サービス企業Flutterwave、中国のe-コマース大手Alibabaとの提携を発表

ナイジェリアのラゴスとサンフランシスコを拠点とするBtoB決済サービス企業のFlutterwaveは、中国のeコマース大手Alibabaと提携し、Alipayとアフリカの商人との間のデジタル取引を促進することを発表した。

 

Flutterwaveは2016年に設立されたナイジェリアのB to B決済プラットフォームであり、現在までにアフリカ33カ国で23億米ドルの支払いと6,000万件の取引を処理している。提携銀行にはStandard Bank、First Bank、Ecobankを擁し、顧客には、Transferwise、Flywire、Booking.com、JumiaPay、Uberを含む。

 

また、2013年にリリースされたAlipayは、世界で10億人以上のユーザーを持ち、支払総額はPayPalを上回っている。

 

Flutterwaveはアフリカの金融の基盤の1つであり、中国に大規模なネットワークを持つAlipayとのパートナーシップにより、アリババは2,000億米ドルに上るアフリカと中国間の決済を促進すると考えられている。

 

 

 

出所:Weetracker

https://weetracker.com/2019/07/30/flutterwave-ties-up-with-alipay-to-foster-payments-between-africa-and-china/